にっぽん丸で航く

モーリシャス
プレシャス
クルーズ

〜インド洋を巡る 楽園の船旅〜

2022年12月15日(木) 横浜発 >>>
2023年1月31日(火) 横浜着 47泊48日間

スケジュール

日程 寄港地 国名
12/15(木) 横浜 日本
12/18( 石垣島 日本
12/19(月)
12/24( シンガポール シンガポール
共和国
12/25(
12/30(金) マーレ モルディブ
共和国
12/31(
1/5(木) ポートルイス モーリシャス
共和国
1/8(
1/10(火) トゥアマシナ ★ マダガスカル
共和国
1/12(木)
1/22( シンガポール シンガポール
共和国
1/23(月)
1/31(火) 横浜 日本

□食事回数:朝47回、昼48回、夕47回
□最少催行人員:160名
★は初寄港地です。
※感染症の拡大防止、気象、海象条件、最少催行人員未達、その他の事情(寄港地の受入状況等)により、運航スケジュール、イベントを変更、又は中止する場合があります。

渡航条件について

  • 2023年1月22日シンガポール入国日から6か月(2023年7月22日)以上の有効期限が残っている旅券(パスポート)が必要です。
  • マダガスカル共和国では査証(ビザ)が必要です。
  • 上記の旅券・査証は日本国籍の場合についてです。日本国籍以外の方は自国の領事館、渡航先国の領事館、入国管理事務所にお問い合わせください。
  • 出入国書類は商船三井客船(株)にて無料作成いたします(ただし、査証が必要な場合の査証取得費用は除きます)。
  • 渡航条件は2022年4月1日現在となります。変更となる場合はご連絡いたします。
  • 寄港する国の新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては入国に際しワクチン接種完了証明書やウイルス検査の陰性証明書等を求められる場合があります。
  • オプショナルツアーは商船三井客船(株)が実施します(別料金)。詳細な内容とお申込方法は別途ご案内します。
  • 本ページの掲載写真は全てイメージです。
  • 掲載写真には自由行動やオプショナルツアーで訪れることができる場所も含まれます。

2022年4月1日現在、船舶を利用する日本発着の海外クルーズは渡航が制限されております。2022年9月末日までに、渡航に関する状況に変更がない場合や港湾の受入事情によっては運航を中止させていただきます。帰国時の待機期間を含めた渡航条件につきましては、最新の情報を確認の上、お客様にご連絡します。なお、本クルーズの予約受付開始は、2022年5月31日を予定しております。

ご旅行代金

ご旅行代金
 (大人お一人様・消費税込み)
グランドスイート 8,150,000円
ビスタスイート 5,740,000円
オーシャンビュースイート 4,970,000円
ジュニアスイート 4,900,000円
デラックスシングル 4,400,000円
デラックスベランダ 3,830,000円
デラックスツイン 3,490,000円
スーペリアツイン 2,180,000円
コンフォートステート 1,980,000円
スタンダードステート 1,810,000円
  • 上記ご旅行代金とは別に、国際観光旅客税(1,000円)が必要となります。船内でのお支払いとなります。
  • クルーズの国内部分には消費税を含んでおります。
  • 1室3名利用の設定はございません。
  • 船体構造により、一部の部屋では眺望が遮られる場合があります。
  • 客室の面積にはバルコニーを含みます。
  • 客室(バルコニー含む)は全面禁煙です。喫煙される方は2Fスモーキングラウンジをご利用ください。
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、一部の客室をあらかじめ確保させていただく場合がございます。

モーリシャス

憧れのリゾートアイランド

「インド洋の貴婦人」。そう称されてきたモーリシャスは、東京都とほぼ同じ面積の中に、白砂のビーチや世界遺産のル・モーン山、高原地帯などを抱える美しい島国で、絶滅動物のシンボルとされる大鳥ドードーがかつて存在していたことでも知られます。今回は3泊4日の滞在で、時間を忘れてたっぷりとモーリシャスの自然、文化、人々の魅力に触れていただけます。

シーサー(イメージ)

石垣島

紺碧の海と珊瑚礁の島

東シナ海に浮かぶ八重山諸島。その中心である石垣島がクルーズ最初の寄港地です。島の大きさは、沖縄県内で沖縄本島、西表島に次いで3番目。南国ならではの温暖な気候と、独自の文化や風習、紺碧の海が魅力。石垣島を拠点に、周辺の島々へも足を延ばすことができます。汽水域に広がるマングローブの森も幻想的です。

シンガポール

アジア屈指の観光都市

ほぼ赤道直下に位置するシンガポールは、60以上の島々からなる多民族国家です。その魅力は、高層ビルが建ち並ぶ街並みや、白い砂浜のビーチ、美しい海などなど。経済発展を遂げた都市として、また、アジア屈指の観光地として熱い注目を浴びています。往路・復路の二度の寄港で、多種多様な文化に出会えることでしょう。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
ムルンダヴァのバオバブの木

マダガスカル(トゥアマシナ)

固有種の動植物の宝庫

アフリカ大陸の南東沖に浮かび、世界で4番目の大きさを誇る島国。約6500万年前、南半球に存在したゴンドワナ大陸がアフリカ大陸とインドに分裂した際に生まれたという説があります。そのために自然環境が隔絶され、動植物が独自の生態系を維持。ワオキツネザルを始めとする野生動物の 70~80%が固有種といわれています。今回は、別名タマタヴとも呼ばれるマダガスカル島の東部の港町トゥアマシナに初寄港します。

モルディブ(マーレ)

インド洋に浮かぶ楽園

インド洋に点在する26の環礁と約1200の島々から成るモルディブ。その名は、サンスクリット語で「島々の花輪」を意味します。これは、環礁が輪を描くように浮かんでいることに由来するそうです。色とりどりの魚たちが泳ぐ透明度の高い海、そこに建つ水中コテージ、まばゆいほどの白砂のビーチ。「地上の楽園」と呼ばれるにふさわしい風景を誇る島国です。

ビーチ(イメージ)

エンターテイメント

メインショー

4組の豪華ゲストによるコンサートが船旅を彩ります

堀内 孝雄【歌手】

乗船区間 ▶
横浜〜石垣島

1949年10月27日 大阪府出身。アリスのメンバーとして活躍。ソロとしてもヒット曲を多数発表。トレードマークの髭と「サンキュー」で親しまれる。
代表曲「冬の稲妻」「遠くで汽笛を聞きながら」「恋唄綴り」「愛しき日々」

秋川 雅史
【テノール歌手】

乗船区間 ▶
シンガポール停泊中

2006年紅白歌合戦に初出場。「千の風になって」が大ヒット。翌年、第49回日本レコード大賞特別賞受賞。現在、最も実力、人気を兼ね備えたテノール歌手として活躍している。

庄野 真代【歌手】

乗船区間 ▶
マーレ〜トゥアマシナ

大阪府出身。1976年シンガーソングライターとしてデビュー。1978年「飛んでイスタンブール」「モンテカルロで乾杯」が大ヒット。今も褪せぬ軽やかな歌声と幅広い音楽性により大人が楽しめる音楽として、いま再び注目を集める。

川井 郁子
【ヴァイオリニスト/作曲家】

乗船区間 ▶
シンガポール〜横浜

香川県出身。東京藝大卒業、同大学院修了。大阪芸術大学教授。国内外のオーケストラや世界的音楽家たちと共演。全国各地、またカーネギーホール、パリ・オペラ座、中国・西安、ワシントンDC公演等、国際的に活躍。日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞。

船内講演

地球環境や希少な生き物の生態について楽しく学べます

青山 千春
【海洋科学者】

乗船区間 ▶ 全区間

東京海洋大特任准教授、独立総研社長。1955年東京生まれ。メタンハイドレートの権威。主婦の後、航海士免許、博士号を取得。ボードゲーム『燃える氷を探せ』など普及活動も。『海と女とメタンハイドレート』等著書多数。

藤原 幸一
【生物学者/作家】

乗船区間 ▶
シンガポール〜トゥアマシナ

学習院女子大学特別総合科目「環境問題」講師。NTV『世界一受けたい授業』、TBS『情熱大陸』、NHK『アーカイブス』出演。著書『環境破壊図鑑』『プラスティック惑星・地球』ポプラ社、『森の声がきこえますか』PHP研究所など。

その他、航海中は様々な船内イベントや講座を開催予定です。

お問い合わせ

  • 商船三井客船クルーズデスク

    0120-791-211

  • 携帯、PHSの方はこちら

    03-5114-5280

営業日:月曜日〜金曜日
営業時間:10:30〜15:00

※諸事情により営業時間が変更となる場合があります。
※上記電話番号はお客様専用ダイヤルです。